スペシャルホビー 1/72 SH72201
英・ウエストランド・ホワールウィンドFB Mk.T双発戦闘爆撃機
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

1930年代各国では双発長距離戦闘機の開発ブームが起こり英国も
各社に開発を指示しました。ウエストランド社は小型軽量のペリグリン
搭載の単座戦闘機を開発、採用されました。しかしペリグリンエンジン
の開発の遅れなどで生産は1940年にずれ込み、しかもエンジンの不調
は生産されてからも続きました。そのため英国は本機を迎撃機ではなく
戦闘爆撃機として翼下に爆弾架を追加し使用、1943年まで使いました。



パーツ全体です。



ギリギリまで絞り込んだ細い胴体です。



主翼も細長く外翼部にはテーパーが付いています。



胴体に比べ非常に大きなエンジンカウルです。



丸く大きなスピナーと三枚ブレードのプロペラです。



主脚は両側からタイヤを挟みこむH型です。



透明度の高いキャノピーです。



タイヤ、機銃、アンテナ、排気管そして爆弾などが精密なレジンパーツです。



計器板やラジエーターなどが入ったエッチングパーツ。




未塗装完成写真はホワールウィンドFをご覧下さい