ローデン 1/72 072T720
独・オペル軍用スタッフバスW39型
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

ドイツ軍は人員輸送の用途にバスも多用しました。オペルのバスは
1939年に開発され1943年の生産終了までに3000台が生産されました。
生産されたバスは本来の人員輸送だけでなく指揮車、電話交換車
救急車などの各種用途にも使用され終戦まで活躍しました。



パーツ全体です。窓ガラスなどは透明シートに印刷されたものです。



運転席と一体化した側面です。こちらの側面には前後にドアがあります。



運転席前面です。通常のトラックタイプのベンチシートと違い運転席は
運転手用のシングルシートとなっています。



車体後面です。丸みのある当時のデザインが分かります。
中央には屋根上に上るエッチングのはしごが付きます。



屋根部分です。手前の筋の入った部分はエッチングで柵が付き
荷物置き場となります。



客席シートです。2人がけシートが14個付いています。



フロントグリルとフェンダーです。今で言うボンネットバスです。



キットにはエンジンなども付いています。



エッチングパーツです。荷物置きの柵やハシゴ、車間ポール、方向指示器
などがパーツ化されています。



デカールには通常の兵員輸送バスのほか救急車用の
赤十字なども入っています。