ローデン 1/48 048T431
英・デハビランドDH4a 単発複葉旅客機型1920年代

価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

デハビランドDH4は第一次世界大戦後半の英軍の主力単発爆撃機でした。
爆弾搭載時でも高速で爆弾投下後は戦闘機とも戦えるほどの性能を持って
いました。ベルサイユ条約締結時にイギリスの高官の一部は航空機でパリ
に向かいました。それが当機でそれまで航空機に対して快適性などは考慮
されなかった時代に快適なキャビンを備え、後の商業航空のベースともなり
ました。そしてこの機体は初の民間航空輸送機としても採用されました。
ロンドンとパリ間をわずか2.5時間でつなぎ航空輸送の可能性を広げました。



パーツ全体です。色の付いた部分は不要パーツですが爆弾や機銃などは
他に流用出来そうです。



新たな機首ラジエーター部です。



こちらも新たに作られた機首上面とコクピット部です。



客席キャビンの覆いです。大きな窓で視界が良さそうです。



これはキャビンの床です。出っ張った所に座席が向かい合わせに
装着されます。



この機体に使うプロペラです。



乗客搭乗用のタラップです。



無論機体の内側にはフレームのモールドがなされています。



これはコクピット後ろに付く風力発電機です。



デカールです。塗装は2種類で軍の輸送部隊と民間航空会社です。
民間型は胴体がブルーで美しい塗装です。