ローデン 1/32 032T627
米・L-19/O-1バードドッグ小型連絡機・自衛隊他アジア各国
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

戦後になりアメリカ陸軍は近代的な観測機を発注しました。
セスナ社が提示したのが民間型
170の改良型の305Aでした。
後方視界を良くする為胴体後部を改良、ドアもストレッチャーを搬入
することを考慮し拡大されました。陸軍は
1950年から59年までに
3200
機を導入、朝鮮戦争を始めベトナム戦にも投入されました。
陸上自衛隊ではアメリカから107機のL-19Aの貸与され使用しました。
また、不足分を補うため日本国内でライセンス生産も行われました。
日本では「そよかぜ」と愛称が付けられました。

パッケージのJG-1209は日本でライセンス生産された機体で
1959年に陸上自衛隊に納入され1984年まで在籍していました。
その後、日本航空学園に譲渡され教材として保管されています。



デカールは陸上自衛隊の他に南ベトナム軍とタイ軍です。


陸上自衛隊機のデカール指示及び塗装図です。