ローデン 1/32 032T614
独・アルバトロスD.I 複葉戦闘機1916年 WW-T
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

アルバトロスD.I は1916年に登場した戦闘機です。セミモノコック構造
の胴体は通常の骨組みハブ張りよりも軽量で頑丈でした。機銃2丁も
搭載しスピードも速い機体でドイツ軍の質的勝利をもたらしました。



ランナー数は7枚。デカール1枚のセットです。
風防用に透明フィルムが用意されています。

機体はスピナー先端までで20センチ強というサイズです。



主翼左右は27センチほどです。表面には、いつもながらの柔らかな布張り
表現が施されています。






いつもながら精密に再現されているエンジンです。
エンジンを支える頑丈なマウントと組み合わせると実感たっぷりです。
このエンジンだけでも1モデルとして十分通用します。



脚周りや機銃のパーツも申しぶん無いものです。


 

4種類の塗装を楽しむことが出来ます。説明書内にモデルマスターでの
塗装指示がなされています。主翼上面と下面の国籍マークの下地の
つや消し白はデカールではなく塗装するようになっています。