ローデン 1/72 072T059
仏・ニューポール24bis複葉単発戦闘機1917・WW-I
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

大成功のニューポール17型の発展型として開発された機体です。
一葉半の主翼形式を受け継ぎながら各種空力を改善しました。
しかし、新設計の尾部に問題が発生したため17と同じ尾部を装着
したものが24bisと称され生産されされました。軽快な運動性で
フランスのみならず友好国でも使用されました。



パーツ全体です。一部不要パーツがあります。



主翼パーツです。ニューポール機独特の一葉半形態の主翼です。
下翼の幅が上翼の半分以下であるのが分かります。



胴体はそれまでの箱型から丸みを帯びた形になっています。



座席の背もたれはゆっくり曲げて背もたれ状にする方法です。



コクピット内のフレームパーツです。さすがこのスケールになると
細かく再現されています。



ル・ローン9気筒ロータリーエンジンです。冷却フィンが非常に細いです。



カウリング下部です。大きな二つの穴が分かります。



24bisの特徴の17の尾翼を流用した部分の水平尾翼です。
全般的に丸まったデザインですがこの部分は角ばったデザイン
となっています。



主車輪です。左上のスリットの入ったパーツは尾橇のカバーです。



プロペラは3種類入っています。



フランス軍は同調式のビッカース機銃を機首上に1丁搭載しています。