ローデン 1/32 032T610
独・ジーメンスシュケルトD.III複葉戦闘機 WW-I

価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

ジーメンスシュケルト社が開発した戦闘機で同社の新型エンジン
ジーメンスハルスケSh.V型を搭載する戦闘機として開発されました。
当初はD.U型と呼ばれる試作機が1917年6月に初飛行、生産型の
D.Vが1917年12月に配備されました。操縦性と上昇力が高く非常に
優秀な機体でした。



パーツ全体です。意外と小型の機体です。



胴体部です。大戦末期の木製モノコックの表現でしょうか?
スジ彫りが太めに入っています。



カウリングの下面です。グリル状の空気排出口が開いています。



シーメンスハルスケエンジンです。この機体の心臓部です。



スタイルを特徴付ける大きなスピナーです。スピナーにも空気取り入れ口
が開いているのがユニークです。



大馬力のエンジンからのパワーを効率よく推進力に代える
4枚プロペラです。大馬力戦闘機の象徴でも有ります。



マーキングは3種類です。ウーデットなどのエース機も有ります。




大判ローゼンジデカールです。