ローデン 1/144 014T344
独・ハインケルHe111H-16/20双発爆撃機・後期生産型
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

ボックスサイズ250x160x33mm

1930年代に将来高速爆撃機としての性能を持つ事を目的として
民間旅客機として開発されました。ベルサイユ条約の破棄後は
公然と爆撃機として生産され大戦を通じて運用されました。
H型はP型から採用された全視界型と呼ばれる一体型の風防に
変更されています。また主翼はF型より採用されたテーパー翼
でより量産に適していました。H型は最も生産されたタイプで
生産後期になると爆弾搭載方式や電子機器の強化、エンジンも
出力の高いものに改装されるなどしています。1943年からH-16
が1200機ほど背部の銃塔が動力旋回型に変更されたH-20が
800機ほど生産され主に東部戦線の夜間戦略爆撃に使われ
ました。




He111H-20 1944年夏東部戦線 +KM機 4/KG53



He111H-16 1942-43冬・東部戦線・1G+HK 2/KG27