マスターボックス 1/35 MB3558
独・歩兵4体+馬車・負傷兵撤退シーン
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

機械化の進んだドイツ軍の印象が強いですが一般の歩兵部隊のほとんどは
大戦を通じて馬匹の輸送が使われ続けました。負傷した兵士達の輸送にも
後方に送られる時にも使われています。



パーツ全体です。馬車と馬のランナーはMB3538・1944年欧州・
独兵2体+農民2体+農馬2頭&馬車
と同じです。



御者の兵士のヘッドと上半身です。



腕が二種類入っていてポーズが選べます。



御者の下半身パーツです。



横を歩く兵士のヘッドと上半身です。襟が別パーツとなっています。



下半身です。



こちらは右腕が包帯を巻いた状態との選択できます。



襟部分が分かるでしょうか?裾も別パーツです。



馬車の後ろに座る看護兵です。上半身には赤十字のゼッケンを付けています。




この看護兵も襟が別パーツとなっています。



馬車で横たわっている重傷の兵士です。



上半身は上着が開けられ腹部に包帯が巻いています。



力なく開いた両足。



藁を布で巻いた急造の枕も入っています。



御者の横に座る兵士です。頭に巻いた包帯が痛々しいです。




御者の横に座る兵士の各パーツです。