CAMs 1/35 CCA35009
ビッカース6トン軽戦車B型フィン軍改造・後期型・インテリア付
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

ボックスサイズ372 X 240 X 60mm

1928年にビッカース社で開発された戦車です。当時としては
画期的な機構を数多く取り入れ多くの国に輸出され戦間期の
戦車部隊創設に大きな影響を与えました。フィンランドでは
評価試験用の1両を武装搭載状態で購入その後、32両を
発注しました。評価試験用の車体は初期車体タイプで
47mm砲装備でした。また追加の32両は後期車体で武装無し
状態で購入されました。1939年の「冬戦争」では配備の
間に合った13両で戦争に投入されました。「冬戦争」後に
評価試験用の初期型と生き残った車両には鹵獲したソ連の
T-26の45mm砲が搭載され「継続戦争」で使われました。


キットは追加発注の後期型車体です。砲塔が右側に移行した
Mk.F型車体・ピューマ・エンジン搭載タイプです。

 


フィンランドは無武装状態で購入し当初は下のプトー37mm砲を搭載して
訓練に用い、後にボフォース37mm戦車砲を搭載して冬戦争に使用しました。



後期車体ではインテリアも初期型とは異なっています。



アームストロング・シドレー・ピューマ空冷エンジンも再現。
オイルクーラーのラジエターも開閉選択式です。



エンジンデッキのハッチは開閉選択式。



双方の砲塔内部、砲尾なども再現されています。
スオミ短機関銃も付属。