モデルズビット 1/72 MVT7215
露・ミコヤンE-150(Ye-150)試作超音速迎撃機(No.72015)
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

1950年代、アメリカの超音速偵察・爆撃機の来襲が予想されました。
そのためソ連はそれらの迎撃用に超音速機の開発が急がれました。
ミグが開発した実験機E-150は高度22-23 kmの空域において
最大3,000 km/hでの飛行を実現しました。その後機体構成が大きく
変化したE-155が開発されそれがMiG-25の原型となっています。