IBG 1/72 PB72007
ポーランドフィアット508/III 小型乗用車・初期型
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

ポーランド国営工場が1932年にイタリア・フィアット社と提携しライセンス
生産するために設立したのがポーランドフィアット(ポルスキフィアット)です。
当初、フィアット社のノックダウン生産の小型乗用車508/II を生産していま
したが後々ポーランド国内で全てのパーツを製造できるようになりました。
その後、各種改良が続けられ軍用乗用車として508/III が開発されポーランド
軍で一般的な乗用車として採用されました。



パーツ全体です。左の共通ランナーで色付けした部分は不要パーツです。



初期型専用のフロントフェンダーです。



車体後部のトランク部です。これが後方に大きく出ているのも
初期型の大きな特徴です。



車内床板です。細かなスリットのモールドもきれいに抜けています。



小型の車両ですがエンジンパーツも入っています。



独特のスポーク形状を持つホイールです。



車両の顔とも言えるフロントグリルです。
中のラジエーターもパーツ化されています。