IBG 1/35 PB35069
ポ・7TP単砲塔型戦車37mm砲・フルインテリア付
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

ビッカース6t戦車のライセンス生産権を1931年手に入れたポーランド
が独自に改良した主力戦車です。エンジンを空冷水平対抗4気筒から
液冷直立6気筒エンジンに変更したためラジエタースペースも含め
機関室が大型化され戦闘室と同じ高さになりました。装甲厚も強化
されそれに伴いサスペンションも強化されています。1934年から生産
が始まりましたが当初はビッカース6tと同じく機銃塔を2基持つ双砲塔
タイプが生産され1937年からはボフォース37mm砲の車載型を装備
した単砲塔タイプが生産されました。1939年戦役までに7TP単砲塔型
は100両ほどが生産され最も強力な主力戦車として活躍しました。


 

















キットは自国の車両をこよなく愛するポーランドIBG社が最新の資料に
基づきフルインテリアの決定版キットです。各ハッチも開閉選択式です。





キャタピラは組み立て式です。



パンツァーレックス社発行のBKP111
ベルリン戦1945ドイツ装甲車両 ページ392 写真360 イラスト16

にベルリン戦で撮影された7TP単砲塔型とTKS20mm型が掲載されています。
ベルリン戦でも使われた7TPとTKS、5年たっても使用されていた事実が見られます。
詳しくは当該書籍をご覧ください。