ブロンコ 1/35 CB35172
独sWSハーフトラック牽引車カーゴタイプ
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

ドイツ軍は砲などの牽引用に多くのハーフトラックを使用していました。
しかし東部戦線などからの戦訓でより悪路走破性が求められるように
なり新たな牽引車が開発される事になりました。ビューシング社で
開発が始まり履帯にはシンプルなドライピンを使用した幅広のものを
採用、反面速度は従来のハーフトラックよりも低く抑えられていました。
1943年から量産が始まり大戦後半の牽引車として広く使用されました。



独特の印象を与えるSWSのフロントグリル部です。



ボンネットの側面グリルなどは開口しています。



エンジンなども再現されています。



フロントタイヤは輪切り成型でトレッドパターンを再現しています。



スプロケットホイールはシンプルな形状です。



転輪は内側がプレスホイール、外側がスポークホイールです。



キャタピラはティガーII型に似たタイプです。



幌部分は透明パーツで成型されています。



幌側面です。一箇所に窓があります。



天井部分です。透けた塗装にして薄さを再現するのも面白いかもしれません。



運転席側面です。