ブロンコ 1/35 CB35150
英・マークII型巡航戦車(A10)3タイプ作成可

価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。


1934年に英軍は世界不況の影響で安価な汎用戦車を求めました。
ビッカース社では予てより中戦車Mk.IIIの安価版を開発しており
1937年に巡航戦車Mk.I(A9)として採用されました。A9の装甲圧が
14mmだったため30mmに強化したタイプも発注されこちらは
巡航戦車MK.II(A10)として採用、量産されました。当初は水冷式の
ビッカース機銃を装備していましたが生産途中から空冷のベサ機銃
に変更されMk.IIAと呼称されました。
1940年フランス戦では大陸派遣軍としてドイツ軍と交戦し、北アフリカ
でも1941年ごろまで主力戦車として使われました。

海外のキット紹介ページでです→

 


各タイプの砲塔比較です。左からMk.IIA 2ポンド砲・Mk.IIA CS・Mk.IIです。
 


CSタイプの防盾と砲を搭載したMk.IIA CS。





2ポンド砲搭載型で防盾周りが改良されたMkIIA。



同軸機銃が水冷式ビッカース機銃のMk.II。



底面は舟形形状となっています。