ブロンコ 1/35 CB35143
独・I号F型重装甲歩兵戦車

価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。


フランス・マジノ要塞突破のため1939年にクラウスマッフィ社に
発注されました。マジノ線突破のため装甲は当時の対戦車火器
全てを防御できる前面80mm圧とされ側後面も50mm圧となって
います。そのため重量は21トンにも及びましたがエンジン出力は
150馬力だったので最高速度25km程度でしたが用途的に機動性
はあまり重視されなかったため問題とされませんでした。量産は
1942年に30両が生産されただけで終わりましたが東部戦線など
で実戦に使用されました。



車体側面です。車体はサスペンションの可動や室内を組み込む
関係で箱組みとなっています。



砲塔は実物のように基本部分と周囲の補助装甲が別パーツとなっています。



砲塔周囲の傾斜補助装甲です。



車内戦闘室の床面です。



トランスミッションカバーです。



操縦室の運転メーターと無線機です。




フロントフェンダーは最前端の泥除けが装着された状態と
されていない状態のどちらかを選びます。



転輪やスプロケットなどです。



サスペンションは実車のようにトーションバーで可動します。



予備弾薬袋はスライド型で蓋のモールドも入っています。



ダンパーや銃身スリーブもスライド型で再現されています。



こちらもスライド型で成型された機銃とヘッドライトです。



装甲ボックス内に装備される発炎筒です。



キャタピラは連結可動式となっています。



ペリスコープなどは透明パーツです。エンジンカバーの
メッシュなどはエッチングパーツで再現されています。



車内も再現されています。またサスペンションは可動します。
またハッチ類は開閉可動式です。



キャタピラはピンを差し込む形式の可動式です。



転輪の内側のモールドにも注目です



機銃には弾薬バッグがなど車内部も再現されています。