ブロンコ 1/35 CB35053
独・UボートXXVIIB型ゼーフント小型潜水艇
価格はリストに掲載されています。ご覧下さい。

箱のサイズ465x250x65(mm)

大戦後半、ドイツは連合国の大陸への上陸を考慮し沿岸用の小型艇を
準備しました。主に魚雷を改造、または流用した簡易なもので乗員は1名
と限定された性能でした。実際に上陸作戦が始まりこれらの簡易艇も投入
されましたが限定的な性能では充分な戦果を上げられず小型ながら本格的
な潜水艇を開発することとなりました。それがゼーフントで乗員は2名となり
機関もトラック用ながらディーゼル機関を搭載して航続距離も大幅に向上
1945年から300隻近く生産され末期でありながら大きな戦果を上げました。



ブロンコから送られてきた後期型の未塗装完成写真です。
後期型の特徴の増設されたバラストタンクの脹らみが分かります。



ブロンコから送られてきた初期型の未塗装完成写真です。
写真からでもボリューム感が分かります。



司令塔上部です。乗員ハッチは上面が透明になっています。



初期型の舵はスクリューを包み込むような状態です。
キットには後期型のパーツも含まれているので前期と後期どちらか
を選んで組めます。後期型では通常の舵となっています。